サーモスタット完成品
サイズ 長さ98×幅68×高さ60 (mm)
材質 A5052
表面処理 白アルマイト
価格

 

ご依頼内容

部品は入手不可能な為、新規に製作

古いイタリア車、FIAT DINO2000スパイダー(1960年代後半)の、サーモスタット部品の絶版パーツ製作です。純正部品は3ヵ所のパイプ部分が腐食している為交換が必要でしたが、部品は入手不可能な為、新規に製作するしか方法が無く、当社にお問合せいただきました。

 

写真ギャラリー

お客様からお送りいただいた純正部品
お客様からお送りいただいた純正部品
製作図面
製作図面
3Dモデル
3Dモデル

 

3Dモデル
3Dモデル

 

制作内容

純正部品をお送りいただき採寸し製作

お客様とメール、電話で現状を確認させていただき、お送りいただいた写真と寸法を拝見すると、純正部品は金型鋳造品のように思えますが、ワンオフのアルミ切削でも加工出来そうです。その後、純正部品をお送りいただき、採寸し、作成した3Dモデルと図面をご承認いただいた後、CAMデータ作成、切削加工、アルマイト処理の順で製作しました。

FIAT DINO2000スパイダーは1966年に生産が開始されたイタリア車です。デザインはピニンファリーナ、エンジンは DINO 206GTと同じ FERRARI 製 V6 2000ccエンジンを積んでいます。奇しくもFERRARI製エンジンの補機類部品の絶版部品製作に携わる形となりました。

 

完成写真

手前:ワンオフ製作部品 奥:純正部品
手前:ワンオフ製作部品 奥:純正部品

 

廃版・絶版パーツ製作


業界別ご提案