マセラッティ ギブリ スパイダー ピットマンアームカバー 
サイズ 長さ101.5×幅101.5×高さ14.5 (mm)
材質 A5052
処理 サンドブラスト/黒アルマイト
価格

ご依頼内容

現状では入手困難の為、新規に製作

古いイタリア車、マセラッティ ギブリスパイダー(1960年代後半)の、ステアリングユニットの一部、ピットマンアームカバーの絶版パーツ製作です。純正部品は、写真のように、斜め方向にクラックが入り、4分割に割れています。(写真は撮影と採寸用に、透明丸板に貼り合わせていますが、透明丸板を外すと、バラバラになります)。部品は現状では入手困難の為、新規に製作する以外に無く、当社にお問合せいただきました。

お客様に純正部品と相手部品を持って当社にお越しいただき、純正部品を確認させていただき、アルミ切削加工で製作した場合の予算、納期等、お打合せ後、製作をスタートしました。


写真ギャラリー

純正部品
純正部品
製作図面
製作図面
最終3Dモデル
最終3Dモデル

最終3Dモデル
最終3Dモデル

制作内容

純正品に近い外観品質になるよう工夫しました。

採寸、作成した3Dモデルと図面をご承認いただき、CAMデータ作成、切削加工、表面処理の順で製作しました。 今回製作したピットマンアームカバーは、マセラッティ ギブリスパイダーのボンネットを開けた際、上から見える位置にある為、外観も出来る限り同じ形状にし、色もサンドブラスト後黒アルマイト処理とし、なるべく純正品に近い外観品質になるよう工夫しました。

マセラッティ ギブリスパイダーは、1969年に発売されたイタリア車です。エンジンはDOHC V8 4700cc、355馬力、デザインはカロッツェリア・ギア時代のジョルジェット・ジュ―ジアローにより、鋼管スペースフレームにスチールボディを被せた構造のスーパーカーです。



完成写真

マセラッティ ギブリスパイダー ピットマンアームカバー完成品
マセラッティ ギブリスパイダー ピットマンアームカバー完成品


廃版・絶版パーツ製作


業界別ご提案