2020。

東京オリンピックの開催が決まった時はずいぶん先のことだと思っていたのに!

今からMTBクロスカントリー女子の観戦が楽しみです。(男子のチケットは確保できてない!)

そんなオリンピックイヤーの注目はジェネレーティブデザイン。

AIを使った新しい設計手法です。人間じゃないAIが設計するのでこれまでのデザインの概念は関係ありません。

コンピューターから排出されるデザインはなんだか気持ち悪いカタチ。

 

そんなデザインを「NA」designが更にデザイン!カタチにしてみたiphoneケースがこちらです。

 

スマートフォン落とした時、ほとんどの場合は角から床に落下します。

スマートフォンの4隅から本体中央に外力が加わったという想定で出力したデザイン。

新しい!

そして、美しい!

でも、インパクトに欠けるか?

商品化まであと少し、妄想を膨らまそう!



関連記事

 

お気軽にお問い合わせください

装置・省力化機器の設計・試作、アルミプレート加工に関するお問い合わせ・お見積り