今回2年目となる法政大学キャリアデザイン学部との共同PJの成果報告会が行われました。

7か月間の活動をわずか8分でプレゼンするという難題を学生たちは堂々と、内容濃く、そしてわかりやすくプレゼン。

活動内容やプレゼンの評価で全体の2位という結果になりました。スバラシイ!

ただしこの順位は業種や活動内容もまちまちで評価のスケールも異なるし重要ではありません。

またナラハラの活動内容は「新製品を開発し販売する」という非常にわかりやすいもので大分有利!

ナラハラ社長:さて、何やろうか?

学生達:ポカーーン。

というところから、7か月で弊社の業務内容を理解し、企業PR、商品企画から製造販売まで実際に行ったことは学生達にとっても我が社にとっても

貴重な体験となりました。

こういう活動って直接お金にならないので関心のない企業も多いですが、私はこういう活動から新規顧客開拓や新商品・新サービスの開発、時代に合った雇用や人材育成のヒントが得られると思っています。

こういった機会を与えていただけてとてもありがたく思います。

発表会の翌々日には冷めないうちに反省会&打ち上げを行いました。

女子大生と焼肉なんて、これまた貴重な体験ですね。



関連記事

 

お気軽にお問い合わせください

装置・省力化機器の設計・試作、アルミプレート加工に関するお問い合わせ・お見積り