Coupe du Japon XCO CJ1 富士見パノラマ大会。男子マスターズクラス。

先日のレースは雨が降りしきるマッドレースとなりました。

濃霧の中スタート。

60台近い選手たちが一斉にスタートです。

競技用自転車ですので当然泥除けなどはついていません。

前走者が巻き上げる泥と自分の前・後輪が巻き上げる泥でみるみる真っ黒になっていきます。

こちらは富士見名物の大岩ドロップオフ。

3mほどの落差があるでしょうか。更に自転車に乗っている目線からすると5m近い高低差がありとてもスリリングです。

コーストップから長いダウンヒル後の急こう配の登り。短いですがキツイです。

ここはジャンプスポット。私はスキルがないのでなるべく飛ばないように走ります。

ゴール直前の急勾配の登りです。気持ちで踏み込みます。

ジャージの柄の判別もできなくなってきましたね。

背中には泥が堆積しています。

コースによって土の質ってそれぞれ違います。

ココ、富士見パノラマは雨になると纏わりつくように粘っこくて、恐ろしいほど滑ります。

今回はレース中かなりの雨量だったのでトラブルも少なかったですがこの状態から雨がやんだりすると

泥がフレームやドライブトレインに堆積してタイヤが動かなくなってしまう程。

タイヤの選択もとても大切です。

レース中にバトルした仲間と。

こんな泥遊び、なかなかできません。

結果は25位/58と自分としてはなかなかいい内容でした。



関連記事

 

お気軽にお問い合わせください

装置・省力化機器の設計・試作、アルミプレート加工に関するお問い合わせ・お見積り