ちょうど1年前の12月から計4回、フィリピンに行っています。
弊社ではこれまで国外との取引は数えるほどしかなく、今後の国内の市場や
人材雇用の問題を考えると海外展開を進めていかないといけないと認識しています。

実際に現地に行くことによって、新たな発想や思考も生まれ可能性も広がってきました。
実際に1月からはマプア大学の学生が6か月間インターンでナラハラオートテクニカルに
やってくることが決まっています。

今回はその学生も同行し現地の同業者を訪ねて今後のコラボレーションの可能性を
探ってきました。

↓まだナラハラに来たこともないのに弊社のプレゼンをする学生。

仕事だけではなく、人材教育や技術提携の可能性も出てくる。

現地の日刊まにら新聞。帰国前日は台風の影響で空港が閉鎖に。帰ってこれてよかった。

新たな可能性を求めて継続し、いずれは事業の一つになるようにしたいですね。



関連記事

 

お気軽にお問い合わせください

装置・省力化機器の設計・試作、アルミプレート加工に関するお問い合わせ・お見積り