高尾山


投稿日:2020年2月25日


弊社のある八王子にはミシュラン3つ星の観光資源があります。 「高尾山」 標高僅か599mですが世界一の山だそうです! 何が!?って、登山者数が世界一!すごいですね。 昨日はそんな髙尾山に、先週日本にやってきたばかりのジョナサンを連れてハイキングに行ってきました。 電車の乗り方を教えながら高尾山口駅からスタート。 今回は稲荷山コースをてくてく歩くこと90分。山頂に到着です。 (高尾山にはたくさんの登山道があります。更に相模湖や陣馬山への縦走等バリエーション豊富です) 山頂では山専ボトルに入れてきた熱湯でコーヒータイム。 下山は1号路を下り薬王院へ。 高尾山は天狗で有名です。 更に少し下るとケーブルカー乗り場にある天狗焼。とてもおいしいですが行列の時もあり。 高尾山全体では蕎麦も名物ですね。 おかーさんの体力的な問題もありここからはケーブルカーで下山です。 このケーブルカー。日本一の急勾配(31度18分)だそうです。 花粉シーズンが終わり新緑の季節はとても気持ちいいですよ。 そう!歩くの、登るの、苦手!な人はケーブルカーにリフトを使って薬王院や、夏季には高尾山ビアマウントもオススメです。   高尾山の魅力って、いろんな人がいろんな楽しみ方ができる!ってところでしょうか?  

OB戦


投稿日:2021年8月16日


中学野球で3年間お世話になったあきる野シニアでは毎年の恒例行事として 現役選手と高校3年生の交流試合を企画してくれます。 3年前に卒団した全員が集合しました。 全員てすごいですよね。 各高校のユニフォームが勢ぞろいです。 終始、笑顔と歓声、ヤジが飛び交う1試合となりました。 秋ともピッチャーとして1イニング登板。 選手ほどではないにしろ、多くの時間を共有したおかーさん方の井戸端会議が盛り上がります。 野球好きのおとーさん方も野球の話で盛り上がります。 本当にいい時間となりました。 こんな機会を作ってくれたチーム関係者の方々に感謝いたします。

新入社員


投稿日:2020年4月1日


4月1日。 新年度となりました。 本当に新型コロナウイルスの影響は各方面・全世界に広がっていて先が見えず不安ですね。 そんな中、ナラハラオートテクニカルに高校卒の新入社員がやってきました。 こんなタイミングで社会に出る。不安倍増ですよね。 彼とは八王子商工会議所が主催する出前出張展示会で市内の都立高校に行った時に出会いました。 昨年10月から週一回アルバイトに来ているので社内にも馴染んでいますがここからが本番! 全てを与えてもらうのではなく、会社全体に刺激を与えてほしいと朝礼で伝えました。 本日初仕事は、 自分の居場所は自分で作る!ってことで、現場のCADスペース机を増設。 工場入り口の雰囲気が少し変わりました。   ご来社の際は、 「おい!木村!!しっかりやってるか!」 と、いじっていただけるとありがたいです。

運転免許証習得


投稿日:2021年9月3日


仙台の大学に通う娘が帰省。 昨日、運転免許証を取得したそうです。 勿論仙台に車はないので帰省時に車に乗りたい!ということで 夜の肝試しに出発です。 この日はジムニーで、車少なめな檜原方面にドライブです。 遅い!きっかり法定速度で走るのでスピードが遅すぎて怖い! 自分で運転する車で初めてのトンネル通過。 翌朝はハイエースに挑戦です。 ちょっとだけですが高速道路も体験しました。 免許証を取得したのは昨日ですが教習者に最後に乗ったのは3か月前だそうです。 おい!マジか!!  

オンラインミーティング


投稿日:2020年6月12日


  ナラハラオートテクニカルでは法政大学キャリアデザイン学部との共同プロジェクトとして 学生と共に会社のPRや、商品企画から製造・PR・販売まで行う体験型授業に参加しています。 この授業は6か月間の長丁場で今期で3回目です。 (実際この授業の商品PRがきっかけで取引が始まり、現在も継続している仕事もあります。) 新型コロナウイルスの影響で学生たちも登校することなくオンラインで授業を受けていて、 当然ミーティングはZOOM!となる訳です。 今回のナラハラオートテクニカル班は5人のフレッシュな学生(私の長女と同級生!) と、「さーて、何やろうか?」ってところから始まります。   オンラインで新商品の開発なんてできるの?って感じですが、 実は昨年までもミーティングはLINEやメールでのやり取りが中心。 実際に顔を合わせたのは4.5回で新商品の企画から販売までこぎつけています。 昨年まではZOOMなんて知らなかったし、オンラインでミーティング!なんて発想もなかった。 そう考えると今期はコミュニケーションし放題なのか!? 世の中が急激に変化しているのだから、ものづくりのやり方もどんどん変化していく。 さて、今期はどんな商品(サービス)が生まれるのか? 楽しみですね! 大変だけど・・・。

母校


投稿日:2021年10月13日


皆さん、自分の母校には少なからず特別な想いがあるのではないでしょうか。 今年、八王子市からの依頼で ふるさと納税返礼品の関わる会社に工学院大学附属中学校の生徒さんがインタビューに伺いたい! というオファーをいただき受け入れさせていただきました。 私は工学院高校の卒業生ですので後輩みたいなものですね。 その時の様子は校内誌でも紹介されています。 この工場見学の際に引率でやってきた教頭先生が、実は私が高校生の時の担任の先生でした。 そんな訳で、ダメ生徒が先生の前で自社のプレゼン。緊張しました! その後、自動車部の顧問である教頭先生からの依頼で、ソーラーカーの特殊工具の 製作相談を受けました。 現物を参考に作図し、製作。 後日、鈴鹿でのソーラーカーレースの様子の画像が送られてきました。 こうやって微々たるものですがお世話になった母校に貢献できたことはとても嬉しいですね。

リアルミーティング


投稿日:2020年6月24日


今月から始まった法政大学キャリアデザイン学部との共同PJ。 これまではZOOMによるオンラインミーテングのみでしたが、 今週から大学の課外活動の許可が出たそうなので早速、工場見学にやってきた学生達。 実は学生達同士も基本初顔合わせなんです。   今回の工場見学は、弊社にインターンで来ているジョナサン(フィリピン)が英語と日本語MIXで行いました。 これは今後国内にいながらも外国人と働くことが普通になる近い未来に、英語の必要性を肌で感じてもらいたかったからです。     今年の学生たちは凄腕ぞろいの様です(汗) 強そうです(汗) 穴あきシャーペン(Φ0.5のシャー芯にΦ0.2の穴加工をしてある)に興味深々の様子。 今期の授業はアルミブレッドボードのPRや「NA」designのPR、更には新商品の企画・開発・製造・販売まで欲張りすぎる内容で進めていきたいですね。 わずかな時間でしたがリアルなミーティングは楽しく、充実していました!

工場見学


投稿日:2022年1月20日


今年も八王子市立ひよどり山中学校1年生の生徒さんが工場見学にやってきました。 中学校1年生に弊社の事業内容を伝える。 これはなかなか難しいんです。 0.01mmの世界は学生時代には必要ないため、髪の毛の径をマイクロメーターで測って感じてもらいます。 あなたの髪の毛の太さは0.063mmだよ、って。   実際学生さんが工場見学に来ても売り上げに変化はありません。 そうなると仕事的には無駄な時間になってしまいすね。 でも、いろいろな人が工場に出入りすると新しい空気に換気され、フレッシュな風が吹く。 すると、新しい思考が生まれたり、新たなスキルが身についたりするので不思議です。 とっても貴重な時間ですね。 数日後こんな手紙が届きました。 皆、字が綺麗ですね。 どうもありがとう。

帰国


投稿日:2020年8月17日


今年の2月からインターンでフィリピンからナラハラに来ているジョナサン。 8/14に無事帰国しました。 成田空港まで送りに行きましたが、コロナの影響を目の当たりにしてきました。 国際線9割減は本当でしたね(汗) 欠航だらけです。 お盆休み中なのにチェックインカウンターはガラガラ。 お店はほとんど閉まっていて、OPENしているのは7-11やスターバックスコーヒー、薬局、マクドナルドぐらい。 そんな中、ポケモンショップはOPEN! 東京オリンピックブース。このまま撤去されないことを切に願います。 日本にあこがれ、日本での生活をとても楽しみにしていたジョナサンですが、コロナの影響で休日は外出もままならなかったようです。 渋谷や秋葉原、京都や北海道に行きたいと言っていたのに残念ですよね。 本来であれば帰国し学校を卒業したら再度ナラハラに呼び戻したいのですが、弊社も仕事の確保に苦戦しており近い将来が全く読めない状況です。 新型コロナウイルスが落ち着いたとしても、世の中は元には戻らない。 自分たちが変わっていくしか生き残る手段はないと、成田空港に行ってみて感じました。

インターンシップ


投稿日:2022年12月13日


弊社では小学生の工場見学・中学生の職場体験・大学生のインターンまで、オファーがあれば積極的に受け入れをしています。 勿論お金にはならず、多くお時間とエネルギーを使うので大変ですが、多くの気づきや刺激となり、自社のPRへとつながり 結果、仕事となって還元されている。と考えています。 今回は市内の高校からこんなオファーが、、、 「車椅子の女子学生の受け入れは出来ますか?」 正直、頭をハンマーで殴られたような衝撃。 車椅子の人が工場で一緒に働くなんて、これまで全く考えたことが無く、社会的になんてレベルの低い会社なんだ!   バリアフリーではない工場やトイレ等問題も多かったのですが受入にチャレンジすることにしました。 学校側にもトイレの手すり設置等ご協力をいただき、3日間の受け入れをしました。 手も若干不自由なためCADでのモデリングやプログラミングを中心に研修を行い、 最後には実際にモデリング・プログラミングしたNARAHARAロゴをカラビナに切削加工しました。   今回の受け入れ。弊社は障害者の受け入れは無理です。といえば簡単に断れた案件。 そこに会社として取り組めたことは、一町工場としてワンランクレベルアップで来た様な? チャレンジでした。 バリアフリーではない弊社。トイレに手摺りを設置していただきました。 流石若者!CAD操作はスイスイ覚えます。 モデリングしたデータで実際に加工してみます。 機械の奥のワークの状況はスマホで撮影して、確認。 曲面に2.5次元加工です。   こちらは弊社PRグッズとして活用します。