初のテント泊登山


投稿日:2020年8月25日


これまで登山は年一回、北アルプスを中心に山小屋泊の1泊2日の工程で夏の一大行事!として楽しんできましたが 今回はテント泊で山を楽しもう!ということで、MTBレースでは国内ランキング30位以内のエリートライダー辻君と テントを担いで山に登りました。 コロナの影響でテント場が予約制の山も多く、今回は予約のいらない蝶ヶ岳(2677m)とし、翌日は常念岳(2857m)も踏んじゃおう! という欲張りコースです。 道中にある「ゴジラみたいな木」 樹林帯は景色も変わらず単調なのでこういうのがあると気分転換になりますね。   苔がかわいいです。 標高2500mを過ぎると樹林帯を抜け高山植物がいろいろ咲いています。   登山口の三俣から5H、急こう配の樹林帯をひたすら登り、稜線に出たな!と思ったら目の前にこの景色! 穂高連峰がどどーーん! 凄いドラマチックな演出じゃあありませんか! 前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳・槍ヶ岳。 自分が登ったことのある山が一望できます。感動!!興奮!! 蝶ヶ岳GET! 今回はテント泊なので早速テントを設営します。 昼ご飯はトマトジュースとコンビーフの簡単カレー。   美味しいに決まってます! 夕食後は宴会タイム。「最高のハイボール」のために、ウイスキー・炭酸水・氷を背負ってきましたよ。 翌朝は雲海から上がる朝日と、 モルゲンロート!穂高連峰が赤く染まります。 ただ、ただ、無言のまま眺めます。 画像ではなかなか伝わりませんが素晴らしい光景なんです。 朝食を簡単に済ませ常念岳を目指します。 これがキツカッタ(汗)急こう配の岩稜帯を登る、登る! ライチョウが近くでちょろちょろしていてかわいかったです。 そして、常念岳GET! そしてここからの急こう配の下山がまたキツカッタ!キツ過ぎて画像なし。 今回のゴールは3つ。 蝶ヶ岳・常念岳・そして登山口の三俣。 そして途中にはさらにたくさんの小さなゴールを設定して、ここを登り切ったら一休み、あの大きな岩まで登ったら水分補給しよう。 こんなゴールを積み重ねて、計画した全工程をクリアしました。 この達成感がまた、たまらないですね。 仕事もたくさんのゴールを設定して、一つ一つクリアしていければいいですね。

南アルプス鳳凰山


投稿日:2020年9月24日


これまで年1回の登山が今シーズンは何と10座も! 登山の楽しさって何でしょう?歩いてでしか行けない場所で見る絶景と達成感かな? 中止もあり得る天気予報も好転して大丈夫そう。 今回の登山は鳳凰三山。薬師岳(2780m)・観音岳(2840m)・地蔵岳(2764m)の3つの山の総称です。 この山は中央自動車道の甲府付近の下り線を走行していると左手に見える山々です。 特徴は頂上付近に真っ白な砂浜のような部分が見えます。 夜叉神峠登山口から7時間歩きます。   道中、苔やキノコに癒されます。 登山等脇にはこんな古いビールの缶が!いつ頃の年代のものでしょうか?   展望が開けてくると国内第2位の北岳や、4位の間ノ岳が見えて迫力満点です。 薬師岳目前。山頂付近が砂浜みたい!この山は花崗岩のためこのような様相になっているそうです。 綺麗な富士山も現れました。富士山や北岳・間ノ岳はコロナの影響で今シーズンは入山できません。 薬師岳GETです。 薬師岳小屋に宿泊しましたがコロナ対策で宿内での飲食ができないので反省会は外で。寒くてお酒が進みません。 翌朝は冷たい雨。標高2800m付近の稜線は風も強く寒い! 観音岳GET。本当はこの先にある地蔵岳も踏みたかったのですが、稜線は雨と風がすごくリスクもあるので撤収することにしました。 天気予報は回復傾向ですが、雨の中下山です。なかなかの降りっぷり。   倒木が何となく龍のように見えたので。「日本昔ばなし」みたい? 無事下山し帰宅したら標高2440mの南尾室小屋で汲んできた南アルプス天然水で水割り。お疲れさまでした。   ※鳳凰三山の最後の1座(地蔵岳)を目の前にしての撤退は正解だったのでしょうか? 標高3000m付近の稜線はこの時期でも0度近くまで気温が下がります。更に風が吹けば体感温度は氷点下。 これが仕事であれば多少のリスクは、となりますが、あくまでレジャーです。 また、登山は自分たちの体力に見合った余裕のある計画が重要。 行き当たりばったりではなくしっかり計画を立て時間も管理しながら行動する。 山は逃げません!(でも体力は年々逃げていくけど) こうやって帰宅して美味しいウイスキーを飲めたので次の機会にリベンジですね!

山小屋


投稿日:2020年10月14日


この週末は御嶽山に登りました。 6年前に噴火して多くの犠牲者が出た山です。 御嶽山は沢山のピークを持つ山で今回登った飛騨山頂は噴火の被害を受けなかったそうです。 そして山登りに行ったのに目的地は頂上ではなく山小屋。 御嶽山五の池小屋です。 道中は紅葉も楽しみながらゆっくり4時間かけて標高2811mの御嶽山飛騨頂上へ。(剣が峰は3067m) こちらの五の池小屋の小屋番の市川さんはカンブリア宮殿でも紹介されている山小屋の革命児。 700人だった宿泊者を3500人へ伸ばしたそうです。 私も10年弱、毎年の登山で山小屋を利用しますが、本当にショックを受けました! 登山は本来、山の山頂に行くのが目的で、山小屋宿泊はそのための手段です。(工程的にどうしても1泊する必要がある。テントや食料を持たなくていい。) そのため山小屋では普通の宿泊施設と違った常識がいろいろあります。 避難小屋としての役割もあるため予約が無くても泊まれるので基本雑魚寝。混雑時は2人で布団1枚とか、(今年はコロナの影響で山小屋は完全予約制となりとても快適です) 食事も安価な民宿レベル並みかそれ以下です。 五の池小屋はというと、とにかく食事が美味しい! 夕食は自家製味噌を使った味噌煮込みうどん。自家製だって! 朝食は、焼き鮭。通常はレトルトを使用するそうですがキッチンの専用焼き台で焼いているそうです。 画像では隠れてますが、梅干しなんか南高梅のはちみつ漬けの高級品! 山小屋内にはCAFEも併設されていて、薪ストーブで焼いたピッツァの提供も!1800円 こんな山の上であっつあつのピッツァが食べれるなんて! テラスに設置された大型ストーブの下でいただきます。 テラスにはランプも用意してくれるんです。いい雰囲気。(風よけ目的で置いてある丸太も素敵な感性ですね) 朝になると山小屋内には甘~い香りが!薪ストーブでアップルパイを焼いています。 サクサクジューシーでうまい!生クリームもホント美味しいです。600円 その辺のCAFEと全く変わらぬクオリティー。 そんなケーキを雲海を見下ろしながらいただく!これはその辺のCAFEでは無理だ。   テラスにはなんと畳みスペースが!気持ちよすぎる。 ここは南国リゾートか! 全くもって圧倒的でした。 小屋番の市川さんとも少しお話ができて、こういった革命(大げさかな)を楽しんでいる感が伝わってきてとても刺激を受けました。 (天気が良くて夕日が綺麗すぎました) 帰ってから出演されたカンブリア宮殿について調べてみましたが、 こういったヒントは海外から得ることが多いそうです。 (刻々と変わる空の色に2.30分見とれていましたよ) 同じところにいても学びはない。 日本の山小屋を見ても一辺倒になるだけ。 「旅して学ぶ」が座右の銘とのこと。   (画像はないですが満天の星空も圧巻でした。天の川が綺麗でした。こちらは朝日です。) 自分も小さい会社ながら経営者で、小屋番ならぬ工場番。 (三ノ池に刺す朝日) じっとしていても新しい感性やアイデアは出てきませんね。 (摩利支天から見下ろす五ノ池小屋と三ノ池) もっと行動!もっと遊ぼう!止まっちゃいられない! なんて、考えながら下山しました。 (下山は少しガスってきて、これがまた幻想的でよかった) 値段や品質、納期だけでなく、仕事を出したくなる頼みたくなる魅力を自分たちから仕掛けていかないといけませんね。    

登山三昧?


投稿日:2020年12月2日


今シーズンはコロナの影響もありマウンテンバイクレースの多くが中止になってしまいました。 その代わりという訳であありませんが、春先の雪山登山を皮切りに、沢山の山に登りました。 唐松岳(雪)雪山デビュー。雪山の絶景に感動! 谷川岳(雪)日本三大急登の西黒尾根から登頂 雲取山(雪)雨氷が素晴らしかった 大岳山・日の出山・御岳山 毎日見ているキューピー山 金峰山 キャンプの最中に山登り 赤岳 初の八ヶ岳登山 蝶が岳・常念岳 北アルプスの山頂でテント泊 御嶽山 6年前の噴火で多くの犠牲者が出た山です   御嶽山(摩利支天) 泊まった五ノ池小屋はとても素晴らしかったです。 薬師岳・観音岳 花崗岩の山山頂は独特の景色でした 硫黄岳 とにかく暴風で少し飛ばされました   さて、なんでこんなに登山に行ってしまうのでしょう? 1日何時間も重いザックを背負って山道を歩くのは本当にキツイデス。 でも、必ずゴールがあって、そこには(あるいはその周辺・道中)日常にはない別世界が広がっています。 それは景色であったり、気候であったり、高度感であったり、達成感であったり・・・ 山それぞれに顔が違って、同じ山でも登る時期や天気で全く表情が違う、        

奥多摩ライド


投稿日:2021年1月18日


暗いうちに奥多摩駅集合です。 本日は奥多摩の奥地の山の中を自転車で走りに?登りに?行きますよ。 -1°c。寒いです。 奥多摩湖畔を快調に飛ばし更に奥地へ。トレイルに入ります。 斜度が急になると押します。 この人の自転車はタイヤが太いファットバイク。正直こういう山には向きません。 罰ゲームではありません。更に斜度がきつくなると15kgのでっかい荷物となるので、担いだ方が楽に登れます。 本当にきつくて来なきゃよかったって思いながら登るんですが、 こんな景色を見ると報われます。来てよかったー!って。 単純です。 お昼はこれですが、下界の高級ステーキと同レベルのうまさです。

陣馬-高尾縦走路


投稿日:2021年2月18日


我が家のバルコニーから一望できる高尾山-城山-景信山-陣馬山の稜線。 北アルプス・中央アルプス・八ヶ岳と山に登りますが、地元八王子の人気縦走路は歩いたことがありません。 まさに灯台下暗し! そんな訳で天気のいい日曜日に息子とGO! (コロナで部活動も制限されていて体力が有り余っています) 陣馬高原下のバス停をスタートです。 樹林帯の急登を登りながらふと空を眺めたら!万華鏡の様ですね。 陣馬山(857m)まではなかなかの急登。パンチありました。 それにしても2月にTシャツで歩ける暖かさ。 富士山もきれいに見えてテンション上がりますね。 景信山(727m)でランチです。 なかなかの人出ですが普段はもっと混んでいるんでしょうね。 それにしても素晴らしい展望です。 ここは人気アニメ「鬼滅の刃」の登場人物の出身地の設定になっているそうです。 この縦走路は登山者よりもトレランしている人の方が多いのでは?というくらい走っている人が多いですね。 全線、道幅も広く、しっかり整備されています。 城山を経て高尾山に到着です。 ここに来ると一気に人が増えて、登山者風でない人たちが多くなります。 流石、世界一登山者の多い山ですね。 15.6km歩いたので流石に疲れたので下山はリフトです。 無事高尾山口に到着です。 今度は新緑の時期や紅葉の時にまた歩きたい!

登山


投稿日:2019年9月19日


年に1回の楽しみとなっている登山。 3000m級の山に魅了されています。 これまで槍ヶ岳・北岳・白馬岳・奥穂高岳・涸沢岳・前穂高岳・富士山に登り、 今年の夏は北アルプス北穂高岳(3106m)に登りました。 まさに別世界!と思える絶景。 星ってこんなに沢山あるの?っていうくらいの星空。 刻々と色が変わっていく夕日に朝日。 落ちたらどうにも助からないな、という恐怖感。 自分の脚での登った人しか体験することのできない特別感がたまりません。 北穂高岳から見下ろす大キレット   国内第9位の高峰、北穂高岳山頂。登頂時はガスってました。 北穂高岳から涸沢岳の縦走は難易度が高く厳しかった。稜線は風が強く、飛ばされそう。 涸沢岳(3110m) 涸沢岳から穂高岳山荘を見下ろします。真上のピークが奥穂高岳(3192m) 右上のギザギザなのがジャンダルム 落ちたらアウト!

雪遊び


投稿日:2021年3月17日


雪が好きです! 今年の冬は雪遊びをたくさんしましたよ。(レースがないので) こちらは八ヶ岳の北横岳。 ロープウェイで一気に標高2000m強へワープして、雪山を楽しめます。 雪山初心者の入門編としても定番な山です。 この日はしんしんと雪が降っていてパウダースノーハイクでした。 寒いところで食べるカップラーメンはホントご馳走ですね。 「南岸低気圧」 好きな言葉です。 関東平野でも雪を降らせる南岸低気圧は予想が難しく、降る降るといっても雨のことも多いですよね。 そんな時は標高の高いところに行けばいい! と、早朝にやってきたのは奥多摩周遊道路「都民の森」 ここは標高1000mあるので下界が雨でもかなり雪が積もっています。 早朝に行くのは理由があって、除雪される前にスノードライブを楽しむためです。 こちらは八ヶ岳の天狗岳です。 いい天気でした。 八ヶ岳ブルーといわれるこの空の色と雪の白色のコントラストが素晴らしいです。 前方の稜線を歩きます。あんなに遠くまで歩けるのか心配になりますが意外に歩けちゃう。 スキーにも行きました。 ベテランボーダーにガイドしてもらい、プチバックカントリーも楽しみました。 娘は初めてスノーボードに挑戦。午後には普通に滑ってる! 八ヶ岳から眺める富士山。富士山はどっから見ても圧倒的な美しさですね。 この日は八ヶ岳の権現岳を目指しましたが、重くて深い雪に時間と体力を奪われ途中で時間切れ。 次は前方に見える頂へ。 冬の上高地にも行きました。 冬期は閉鎖されている上高地。通常はバスやタクシーで乗り入れますが徒歩です。 3時間歩くとこの絶景。 穂高連峰の大迫力パノラマです。 サルもたくさんいます。 明神岳。 泊まった明神の山小屋。冬期は電気なし、水道なし、食堂はこんな雰囲気です。 ランプ。いいですね。 朝はキーーーン!と冷えてます。 と、雪山を楽しめた冬となりました。 雪山はゴールデンウィークまで楽しめますが、4月からMTBレースが始まるので 心も体も切り替えていきましょう!

東京砂漠


投稿日:2020年1月22日


日本にある唯一の砂漠は東京都にある! ってご存じでしたか? 週末はMTBで東京砂漠がある島、大島に行ってきました。 金曜日に竹芝を出港し、翌朝には大島に上陸します。 あいにく土曜日は南岸低気圧の影響で夕方まで暴風雨(しかも寒い!)。   そんな天気の中、夕食の買い出しにMTBでGO! まっすぐ行けば3.4kmの距離ですがこの人たちはまっすぐお店に向かわない。 すごい遠回りして、顔に小石が当たっているような暴風雨の海岸線を走り、 「こんな天気の中自転車乗るなんて、なかなかできない経験だよね~」 と悪条件を楽しむ。 翌日の日曜日は日の出を山頂付近で拝もうと5時出発。 山の上は10から20cmの積雪がありました。これだけ積もっていると斜度もあるので自転車を押して登ります。 三原山山頂の見える展望台でモーニングコーヒー!日の出は残念ながら雲の中でした。 東京唯一の砂漠に数年に一度という積雪。こんな貴重な体験なかなかできません! その後は島の外周路を半周程ライド。景勝地、筆島。 地層大切断面(バームクーヘン)。 大島を満喫しました!

ドラゴンアイ


投稿日:2021年6月30日


久々に登山です。 御嶽山に登りました。 今回の目的はこの時期にしか見られないコレ! 御嶽山 三ノ池の通称「ドラゴンアイ」です。 あと1.2周早ければ湖底も雪で真っ白で碧い水面が強調され、もっと綺麗だそうです。 天気のいまいちで、太陽が出ていればまた一味違ったのかと思うとまた行ってみたい。 今回も五ノ池小屋にお世話になり、天空の畳みスペースで体を休めます。 この山小屋にはCAFEがあり薪ストーブでアップルパイを焼いています。 これはもう美味いに決まってます。 今回は登山に初めてカメラを持っていきました。 なんせ登るので荷物は極力軽くシンプルにしたいのですが、 昨年登ったことのあるルートで様子もわかっていたし工程も余裕があったので。 登山道の脇にある残雪で雪だるま。 苔がいい! 何という花でしょう。面白いカタチしてました。   奇跡の一枚。ライチョウが飛び立つ瞬間、適当にシャッターを切ったらフレームに収まっていました。 結果。持って行ってよかった! 登山の楽しみ方の幅がまた広がりました。 でも、天気が悪く夕日・星空・朝日が見れなかったのは残念!