中学生が工場見学にやってきた


投稿日:2020年9月24日


八王子市立ひよどり山中学校 1年生の学生さんが工場見学にやってきました。 午前・午後に分けて5名×2グループです。 午前中の班はいろいろトラブルがあったようで、大幅に遅刻してやって来たので見学時間が20分しかない! 急遽内容を変更してほぼ工場見学のみに。 午後のグループは予定通り時間があったので会社の紹介や余計な話!も織り交ぜながらゆっくりできました。 自分が中学生の頃ってどんなこと考えていたかな?なんて思いだしながら。 我が家の次女も同級生の中学1年生なので、なんとなく親近感もありますね? コロナの影響でこれまで通りとはなりませんが、彼らが社会に出るころには多くの外国人が 日本で働いています。日本にいても英語ができないと仕事がしにくい世の中になるよ! と英語の勉強を頑張るように伝えました! 分かっている未来もある。いつも未来を予想する癖をつけると今やるべきことが見えてくるよ! 髪の毛の太さをマイクロメーターで計測してあげて、あなたの髪の毛の太さは0.071mmね。 と0.01mmの世界を感じてもらいましたよ! 例の穴あきシャーペンをプレゼントしてまあまあ盛り上がりました!  

洗濯バサミ


投稿日:2021年1月18日


ある日出社すると机の上にピカピカに輝く洗濯バサミが! なんだコレ? アルミ削り出しじゃありませんか。 コラー!こんなの作ってないで仕事しろーーー! と言いつつ、まじまじと見ると素晴らしい出来。   コレ加工時間どのくらいかかるの? 回答:1時間です! 仕事として試算すると1個5000円位か? Amazonで調べてみたら、40個ハサミのついた物干しハンガーが555円で売ってる(汗)。 安い! 5000円×40ハサミで20万円。とフレームも必要だな。 あんなフレーム削って作ったら10万円?20万円? 50万円のアルミ削り出し物干しハンガーになってしまう。 そこの奥さん! 超高級な洋服の洗濯物を干す際にいかがでしょうか?! 一生ものですよ! もう大サービス、好きな色にアルマイトもします! こうなったら無期限補償付き!

工場見学


投稿日:2022年1月20日


今年も八王子市立ひよどり山中学校1年生の生徒さんが工場見学にやってきました。 中学校1年生に弊社の事業内容を伝える。 これはなかなか難しいんです。 0.01mmの世界は学生時代には必要ないため、髪の毛の径をマイクロメーターで測って感じてもらいます。 あなたの髪の毛の太さは0.063mmだよ、って。   実際学生さんが工場見学に来ても売り上げに変化はありません。 そうなると仕事的には無駄な時間になってしまいすね。 でも、いろいろな人が工場に出入りすると新しい空気に換気され、フレッシュな風が吹く。 すると、新しい思考が生まれたり、新たなスキルが身についたりするので不思議です。 とっても貴重な時間ですね。 数日後こんな手紙が届きました。 皆、字が綺麗ですね。 どうもありがとう。

ナラハラカラビナ


投稿日:2019年9月13日


この度弊社では、ナラハラオートテクニカル・自社ブランド「NA」design・自社製品アルミブレッドボード.comの3サイトを全面リニューアル致しました。 そんなニュースのPRにこんなカラビナ風キーホルダーを一緒に渡せたらいいね! と、思いついてから15分でデッサン(社長担当)→4時間後には3Dデータ(設計担当)→翌朝には試作品(製造担当)ができるスピード感! 試作品から若干の修正をして、100個量産。 アルマイト→レーザー刻印→台紙のデザインは学生アルバイトが担当! 無くなり次第終了となってしまいますが、多くの方にお渡しできるといいですね。

ロボット


投稿日:2020年4月2日


今回の案件は必要なストロークの割に装置全体の大きさに制限があり、 通常のスライドユニットではスペース的に成り立たないためちょっと面白い直動ユニットを使用しました。 ツバキ ジップチェーンアクチュエーター。   ※ジップチェーンとは、2本のチェーンがジッパーの様に噛み合い1本の強固な柱状になり、押し・引きができるチェーン。 最大の特徴はストロークに対して90%の低床化が可能なこと。 更にスライド部も2段構造にして省スペース化。アルミプレートの加工品はもちろん社内加工。 更に、天地が逆に設置され高速・高精度位置決めが必要なため、高剛性で極力軽量化されているのが特徴です。 そして先端には回転ステージ+2軸のアームロボットが設置され、この装置本体のXYステージに取り付けられ、計6軸の検査装置となります。 更にこのケーブルキャリア(配線の保護カバー)も今回のために3軸ストレスなく動くものを選択。   こういった類の設計製作は「十八番」! 是非ご相談ください。  

アルミいろいろ


投稿日:2020年9月24日


ナラハラオートテクニカルはアルミ合金の精密切削加工が得意です。 木にもいろいろな種類があるように、アルミにも沢山の種類があり機能や用途によって使い分けています。 アルミ全般の特徴としては、軽い(鉄の1/3)・加工性が良い・さびにくい・熱伝導率が高い。 特に軽い!ということで幅広く使用されていますね。 ざっくりと特徴をご説明しますね。   「A5052」は弊社のような切削加工業が使用するアルミでは一番流通量が多いアルミ合金です。 切削性がよく、ロボットや半導体製造装置、食品製造装置等、精密機器に幅広く使われています。 弊社では80%ぐらいがA5052です。アルマイト性もいいですね。 ドリルで穴加工をすると切粉が繋がりトラブルの原因になるので加工条件等ノウハウが必要ですね。 板厚や平面度などでグレードもたくさんあり板厚のバリエーションも群を抜いて多い材料です。 「A1050」は純アルミ(純度99.5%以上)で柔らかく粘っこい、電気、熱伝導率が高くプレスやへら絞り加工で多く使われます。 熱伝導率がいいので熱交換機やパイプ等に多く使われます。鍋もA1050かな? 逆に柔らかすぎて切削加工にはあまり向きません。   「A2017」。別名ジュラルミン。A5052より強度があり切削性も良いです。サクサクしているため切粉もポロポロしていて微細加工にも向いています。 航空機や自動車用部品に多く使われています。アルマイト性・溶接性は劣ります。   「A2024」超ジュラルミンとも呼ばれ高強度です。切削加工性にも優れ航空機用・ボルトなどにも使われます。 弊社ではあまり加工機会はない材質です。 「A5083」 高耐食性・溶接性に優れています。強度も強いです。船舶構造材・プラント用フランジ・溶接構造材に使われます。   「A6061」主に自動車・油圧部品・半導体製造装置・分析機械等に使われます。加工性も良好です。熱処理により高い強度が得られます。 弊社ではA5052の次に加工機会が多いですね。   「A7075」超々ジュラルミン。アルミ合金中最高強度でS55Cと同程度の硬度を有します。主に金型や治工具 として使用されます。 重量は鉄の1/3ですが価格は3倍以上します。硬度・強度を下げずに軽量化も可能。硬いですが切削性は良好です。   ほんとにごく一部、代表的なものを列挙してみました。また、上記は板材のみで丸材はまた沢山の種類があります。 ↑こちらはA5052の切削加工品。板厚200mmx250mmx900mmの弊社にしてはほぼMAXなサイズです。約80%が切粉になってしまいます。この後黒アルマイト処理を施します。  

卒業制作


投稿日:2021年2月12日


市内の鋳物屋さんからの紹介で日本工学院八王子専門学校の学生さんから カトラリーの製作相談がありました。 彼女はプロダクトデザイン科で4月からは金型屋さんに就職が決まっているとのこと。 弊社に来社し打ち合わせです。 卒業制作の課題のため締め切りが決まっていることと、予算も限られているので 3Dプリンタでの製作を提案しました。 3Dプリンタで製作するには3Dデータが必要なので学校の設備を使って3Dデータを作成してもらい、 材質による値段の確認後、今回は安価なアルマイドで発注。 2週間後海外から荷物が届きました。 弊社では3Dプリンタの製作品の多くを海外に依頼しています。 価格が国内に比べ圧倒的に安価。 3Dデータを送信して材質を指定すると即座に見積もりが出る。 材質の種類が豊富で、材質毎の精度も明確。 2.3週間で確実に納品される。 で納品された製品がこちら。 なんとカバー?緩衝材?も一緒に出力されている! 私たち切削加工業からすると全くない発想ですね。

キズ


投稿日:2022年2月22日


こちらはよく使う高精度アルミプレートです。 高精度アルミプレートはこのようにビニールシートが貼ってあります。 アルミは柔らかいのですぐに傷がついてしまいます。 キズの予防と、アルミも種類がいろいろあるので判別目的でこのようなビニールが貼ってあります。 私たちは精密部品を作っているので、どんな高額な加工品でも少しの傷で価値がなくなってしまいます。 何かをぶつけたり、製品自体を落としたりしたらほぼ不良品になってしまうので取り扱いにも神経を尖らせます。 更に製品を削ると切粉が出ます。 その切粉で製品に傷がついてしまうこともよくあるトラブルです。 そんなトラブルを回避するためにビニールシートを張ったまま加工します。 加工中はこんな感じですね。 これでも切削条件(回転数と送り)に問題があると刃物に切粉が絡まりビニールを破って傷がつくこともあります。 製品を早く削る切削条件も重要ですが、切粉で傷をつけない切削条件もノウハウの一つです。 中には傷をつけない目的で加工工程を増やしたり工夫することもあります。 いつも隣り合わせの傷。 仲良く付き合っていきましょう。

A軸を活用した加工方法について


投稿日:2019年8月22日


弊社で使用している3軸のマシニングセンタでは、ワーク(加工する材料)を機械内に固定し、加工原点をX、Y、Zの座標で機械に教えてあげることで、その原点を中心として作成したプログラム(原点からXYZにどれだけ刃物を動かしワークを削るか、などを指示するもの)を元に加工を行います。 A軸はXYZに連なる第4の軸で、旋盤のように横向きにワークを固定し、プログラムで回転させる角度を指定することにより、円筒の曲面なら360度、ひとつのプログラムで加工することができます。 また、A軸を回転させながら刃物を横に移動させることにより、曲面に斜めの溝を加工することも可能です。  

ワンオフパーツ


投稿日:2020年4月7日


弊社ではワンオフパーツの設計製造も請け負っています。 お客様からのラフスケッチや寸法情報を基にモデリング。 今回はオートバイのカスタムパーツです。 アルマイトの色や寸法・形状を打ち合わせ、3Dにてモデリング。実際に製作しお客様の元へ。     でた!YAMAHA V-MAX。個人的に憧れのバイクです。(バイクの免許を持っていないのでなおさら憧れです) マジ、カッコイイ! こんなカスタムパーツの製造をお手伝いできるなんて、ワクワクしますね。 このパーツをつけたオーナー様がバイクを眺めながらニヤニヤしている姿を想像すると、更にワクワクしますね。 オーナー様のお仲間が「ナニコレー!カッコイイじゃーん!どうしたのー?」なんて言っているのを想像すると、、、もう、ご馳走様ですね! ※画像はお客様に使用許可をいただいて掲載しております。