切削加工


投稿日:2019年11月27日


弊社の主力事業はマシニングセンターによる「切削加工」。 切削加工って? 材料の不要な部分を削って必要な形状にする加工方法です。 分かりやすいところでは、鉛筆を削るのは切削加工ですね。 切削加工の特徴は ①精度が出しやすい。 弊社では通常0.01mm単位の寸法コントロールをしています。 高精度な工作機械が必要なのは当然ですが、金属は熱膨張による変形もあるので工場内の温度管理にも気を使います。 ②金型が要らない。 高価な金型が要らないので精密で少量必要なモノづくりに向いています。 (まさに弊社はココに特化して、1個2個しか必要のない精密部品を日々製造しています) 一般的に大量生産品にはプレスや射出成型といった金型を使った製造方法が用いられるので、私たちの一般生活品に切削加工品は少ないです。コスト的にも不利です。 でも、例外もあります。 Apple社のiphoneやipadの筐体は切削加工で作られています。 あれだけの量産品をどうして切削加工で作るのでしょうか? 弊社も1台設備してあるファナックのロボドリル。 iphoneの製造を請け負っている中国の工場には、この機械が25万台!!あるといわれています。 あれだけの量産品を短い期間に量産するには金型も数百・数千個用意して生産する必要があると思ます。 もし、何らかの不具合が発生し筐体の一部を1mm寸法変更しなければいけなくなったらすべての金型を修正するのには多くの時間と費用が必要ですよね。 でも切削加工であれば1台のパソコンでプログラムを変更し、工作機械に一斉に送信すれば瞬時に形状変更に対応できる。 近年はモデルチェンジのサイクルも早く、不具合対策も瞬時に行えるよう金型レスの製品作りも注目されています。 今朝、会社に行ったらアルミの骸骨がありました。  

素数


投稿日:2020年6月25日


「素数」ってご存じですか? 素数とは、 1より大きい整数で、1と自分自身でしか割り切れない数 のことを言います。 2.3.5.7.11.13.17.19.23.29.31.37.41.43.47.53.59.61.67.71.73.79.83.89.97……… そんな素数の定規を作っちゃいました。 もちろん弊社の製品となりますので、アルミ削り出しで! 不便です!実用性が・・・ 1cmを測りたいときは2.3のところで、4cmを測りたいときは2×2回とか7.11のところで、みたいに 考えながら使用する必要がありますね。 ターゲットは「数学好きの少しお金と時間に余裕のあるダンディーな紳士」 と、これまた尖ったところを狙っています。(汗) この他、円周率やフィボナッチ数列。もっと単純に奇数・偶数とか7の倍数とか「数学シリーズ」をラインナップしたいと思ってます。   そして腕時計。 こちらは腕時計のゼベルをモチーフにしたものです。ROLEX GMTマスターテイスト。 なかなかこれまでになかったデザインの定規。 このほかにクロノグラフテイストやTAG HEUERやG-SHOCKなんかをモチーフにしたら面白いものができるかもしれません。 腕時計は趣味性が高く愛好家も多いので楽しいかも? 早く発売したいですね!

測定器


投稿日:2020年11月27日


3次元座標測定器。DURAMAX 精密な機械で作った製品をさらに精密な測定器で測る。 作るだけではなく、品質を保証して出荷します。 弊社のような零細企業にも求められます。                                           生産設備ではないので、直接売り上げをあげません。 しかし品質保証ができるから受注できる仕事も多いです。 零細企業にとっては大きな設備投資ですが自社の価値を維持する大切な設備ですね。 今日も難しそうな製品の検査を行っていました。  


投稿日:2022年2月24日


弊社の工場の床は青色です。 あまり見ないですよね? もともとは、汚い!暗い!脂っぽい!寒い!暑い!雨漏りする!工場だったのですが15年ほど前に内外装をリフォームした際にペイントしました。 通常弊社のような常に油と切粉が出る工場はコンクリートのままか、暗いグリーン系、もう少し汚れにくい装置組立等の工場は アイボリーや明るいグレー系が多いと思います。 床の色をどうしようか悩んでいるときに当時住んでいた住まいの近くに新規オープンしたオートバックスに オイル交換をしに行きました。 真新しいピットでのオイル交換作業をガラス越しに見ていると、床がこの色だったのです。 かっこいい!これだ! ということで工場の床も同じ青色にペイントしました。 実はこれ、後から知ったことなんですが、青色って一番汚れが目立たない色なんだそうです。 ゴミ収集車ってみんな青色ですよね。これも理由があった訳! また、床には直接物を置かないように気を付けています。 建物の中に入った時の第一印象ってとても大切で、実は視界の半分は床なんです。床って目立つんです。 意外に気付かないですが床が綺麗だと全体の印象はとてもよくなります。 設置されている設備やテーブルの上、棚の整理整頓ばかりに目が行きがちですが、床を見直してみるとガラッと 印象が変わるかもしれませんね。

フィリピン


投稿日:2019年12月9日


ちょうど1年前の12月から計4回、フィリピンに行っています。 弊社ではこれまで国外との取引は数えるほどしかなく、今後の国内の市場や 人材雇用の問題を考えると海外展開を進めていかないといけないと認識しています。 実際に現地に行くことによって、新たな発想や思考も生まれ可能性も広がってきました。 実際に1月からはマプア大学の学生が6か月間インターンでナラハラオートテクニカルに やってくることが決まっています。 今回はその学生も同行し現地の同業者を訪ねて今後のコラボレーションの可能性を 探ってきました。 ↓まだナラハラに来たこともないのに弊社のプレゼンをする学生。 仕事だけではなく、人材教育や技術提携の可能性も出てくる。 現地の日刊まにら新聞。帰国前日は台風の影響で空港が閉鎖に。帰ってこれてよかった。 新たな可能性を求めて継続し、いずれは事業の一つになるようにしたいですね。

デザインは無限大


投稿日:2020年7月7日


従業員が新しい名刺入れを作ってくれました! なんと!私の顔のイラストが彫り込まれているじゃあ~あーりませんか! なかなかの高品質で素敵です。   こちらは電子基板を基にデザインしたものだそうです。 ムムム!男心をくすぐられるじゃ、あ~りませんか! これはCAD/CAMの新機能を使って、取り込んだ画像を線データにモディファイしたものだそうです。 画像ではぼけてしまっていますが「NA」designのロゴも切削加工で、細かいエッジもしっかりと出ていてレーザー刻印並みです。 こういった新しい機能をすぐに自分のものにしてしまうのは凄いですね。 そして楽しんでる。 この手法なら、画像があれば何でも新しいデザインになる! 無限大だ! どんどん広げていこーー!

表彰式


投稿日:2020年12月16日


DMG森精機第15回切削加工ドリームコンテスト 造形加工部門にてアイデア賞を受賞いたしました。 先日のDMG森精機グローバルヘッドクォーターで行われた表彰式の模様です。   今回の受賞は加工技術というよりかは加工する前段階のモデリング・プログラミング・加工工程・加工治具等の段取り部分の工夫が評価されたものです。 特別なことではなく、日々取り組んでいる当たり前のこと。 こんな部分が評価されたことはとても嬉しいですね。 表彰式に参加して感じたことは、ここにきている他社の受賞企業の方々の意識の高さ、仕事に真摯に取り組む姿勢、極限まで追求する探究心。そんなハートを感じてとても刺激を受けました。 有難うございます。

50年


投稿日:2022年5月10日


1972年5月1日設立の株式会社ナラハラオートテクニカルは 2022年5月1日 50周年を迎えました。 これまで関わったすべての方々に感謝し、一層の努力・挑戦・変化をしていく所存です。 そして次の50年へ向けてスタートを切りました。 今後ともご支援ご愛顧を賜ります様お願い申し上げます。   株式会社ナラハラオートテクニカル 代表取締役 内野真治    

ジェネレーティブデザイン


投稿日:2019年12月18日


最近注目されている設計手法の一つ、ジェネレーティブデザイン。 ※ジェネレーティブ デザインとは。 デザイナーやエンジニアは、設計目標とともに機能、空間条件、材料、製造方法、コストの制約などのパラメーターをジェネレーティブ デザイン ソフトウェアに入力、ソフトウェアは可能性のあるソリューションをすべて見つけ出し、設計案をすばやく生成します。 とありますが、要はコンピューターに設計をさせる、ということです。 出力されたデザインはその形状から、3Dプリンタや鋳造で成型するのが一般的ですが、精度や強度、材質など、、、切削加工での製造も注目されています。 切削加工で作ったジェネレーティブデザインのサンプル。(A5052 40x150x150mm) autodesk fusion360   弊社の設備は3軸の縦型マシニングセンターですので、様々な制約をクリアーするためのデータ修正を行い削り出しています。 このデザイン手法を自社の商品開発に使えないか?と始めたのがこちらです。 ジェネレーティブデザインiphoneケース。 iphoneが落下したとき、4隅からスマホ中心部に力が加わったことを想定してパラメーターを設定し生成されたデザインです。 全く新しいコンセプトの商品になりそうな予感が! まだまだ製品として販売するには至りませんが、こんなことに取り組んでいるときが一番楽しいし、一番成長できてる!  

樹脂加工


投稿日:2020年7月15日


へぇ~~~、ナラハラさんて樹脂もできるんだ! と、よく言われます。 弊社はアルミの精密加工のイメージが強いと思いますが、樹脂加工も得意です。   紙ベークライトナチュラル 絶縁性に優れ、耐摩耗性も高いですが、素材は積層材のような感じで欠けたり割れたりするので エンドミルの入れ方や切削量等、加工工程に工夫が必要です。 MCナイロン 機械的強度が強く耐久性も高いです。 非常に粘っこいので加工後のバリ取り等仕上げ作業に手間がかかります。 ジュラコン デルリンとも呼ばれますね。切削性がよく加工しやすい材料で弊社では加工頻度が高いです。 ポリプロピレン ビニール袋の固まりです。流通量が多く安価で、特に耐薬品性が高く、弊社では分析装置関係の部品に多く使います。 CFRP(炭素繊維強化プラスチック) 炭素繊維で編んだ布状のシートを重ねて樹脂で固めた複合素材です。 軽量化の切り札!といわれる注目素材で、航空機や自動車・バイク・自転車・釣り竿・ゴルフシャフト・・・と軽くて強度が必要な用途に使われます。 まだまだ高価で流通量は少ないですね。また炭素繊維1本1本はとても固いので、刃物への影響が大きいのと、織った布が折り重なっているのでむしれや毛羽立ち等 加工方法も難しいですね。   こちらはダイフロン(白)とサンフロン(灰)。 こちらはフッ素系樹脂で耐薬品性や潤滑性に優れています。 ダイフロンは寸法安定性も良く変形や年経時変化が少ない。逆にサンフロンは熱膨張率が高く、手で持っているだけで0.02mm位すぐに寸法変動してしまいます。 なかなか高価で不良にするとダメージ大きいです(汗) 一般に流通している樹脂であればほとんど入手可能で1個から精密加工致します。 樹脂の難しいところは寸法変動が大きいこと。 金属の切削加工では一般的に0.01mmの寸法コントロールが可能ですが、樹脂は加工後に反ったり、歪んだり、膨張、縮小 することも多く寸法管理が難しいですね。 樹脂は本当に沢山の種類があって、用途や特徴も様々なのでとても面白い材料です。