(弊社にとっては)大物アルミ加工


投稿日:2020年1月31日


A5052 140x550x600mm 今週は弊社の設備ではほぼMAXサイズのアルミ加工を行っています。 素材の重量は125kg。材料だけで20万円弱です(汗) 加工が終わると重量は約19kgに。85%は切粉になってしまいます。17万円分はごみになってしまう訳ですね。  1個加工するとドラム缶2.5杯分の切粉が出ます。 加工時間もなかなかかかりますが、切粉が出すぎて夜間の自動運転とはいかないところが課題です。 一部、2.5次元部位もありプログラミングや段取り、加工工程など難易度も高い製品ですが、こうやって出来上がると ものづくりの楽しさを実感しますね。 その後、黒アルマイトと数十か所にヘリサートを挿入して納品となります。  

ターレット旋盤


投稿日:2020年7月21日


4月から新卒で入社した木村君。 入社から3か月半が経ち、既に3DCAD/CAMを使いこなし、ロボドリルを動かして精密部品を作っています。 デジタル世代!若いって素晴らしい! そんな訳で今日は超アナログなターレット旋盤を使って旋盤加工にトライしてもらってます。 自分の力で材料を削る感覚を感じてもらいたかった。 おっかなびっくりやってますが、順調ですよ! こちらの部品は年に200個ほど必要になるのですが唯一社内で生産している旋盤部品です。 実は私もNC(数値制御)世代なのでこういったアナログ機の段取りが苦手。このターレット旋盤はすっかりこの部品の専用機になっています。   んーーー。NC旋盤欲しいな。  

微細加工


投稿日:2021年4月27日


小さい部品。 これも削り出しです。 材質は鉄。 表面は金メッキを施しております。 こちらの加工で難しかったのはバリの処理です。 削った底面にわずかに残るバリがどうにも取れない。 勿論、肉眼では見えないレベルです。 小さいがゆえに手作業がほとんど無効です。 そこを何とかするのも技術力なんですがね。 こんな微細部品も得意です。

インターンシップ


投稿日:2022年12月13日


弊社では小学生の工場見学・中学生の職場体験・大学生のインターンまで、オファーがあれば積極的に受け入れをしています。 勿論お金にはならず、多くお時間とエネルギーを使うので大変ですが、多くの気づきや刺激となり、自社のPRへとつながり 結果、仕事となって還元されている。と考えています。 今回は市内の高校からこんなオファーが、、、 「車椅子の女子学生の受け入れは出来ますか?」 正直、頭をハンマーで殴られたような衝撃。 車椅子の人が工場で一緒に働くなんて、これまで全く考えたことが無く、社会的になんてレベルの低い会社なんだ!   バリアフリーではない工場やトイレ等問題も多かったのですが受入にチャレンジすることにしました。 学校側にもトイレの手すり設置等ご協力をいただき、3日間の受け入れをしました。 手も若干不自由なためCADでのモデリングやプログラミングを中心に研修を行い、 最後には実際にモデリング・プログラミングしたNARAHARAロゴをカラビナに切削加工しました。   今回の受け入れ。弊社は障害者の受け入れは無理です。といえば簡単に断れた案件。 そこに会社として取り組めたことは、一町工場としてワンランクレベルアップで来た様な? チャレンジでした。 バリアフリーではない弊社。トイレに手摺りを設置していただきました。 流石若者!CAD操作はスイスイ覚えます。 モデリングしたデータで実際に加工してみます。 機械の奥のワークの状況はスマホで撮影して、確認。 曲面に2.5次元加工です。   こちらは弊社PRグッズとして活用します。  

多肉植物


投稿日:2020年1月31日


最近、弊社の事務員が育てている(育てるという程、手間もかからなそう)多肉植物。 よく見るとイルカがジャンプしているみたいでかわいいですね。 そもそも多肉植物なんてサボテンぐらいしか知らなかったので調べてみたら、 これは「ドルフィンネックレス」という名前だそうです。 多肉植物は寒さや暑さや乾燥にも強く、そう簡単には枯れなそう。 初心者にオススメだそうです。  

帰国


投稿日:2020年8月17日


今年の2月からインターンでフィリピンからナラハラに来ているジョナサン。 8/14に無事帰国しました。 成田空港まで送りに行きましたが、コロナの影響を目の当たりにしてきました。 国際線9割減は本当でしたね(汗) 欠航だらけです。 お盆休み中なのにチェックインカウンターはガラガラ。 お店はほとんど閉まっていて、OPENしているのは7-11やスターバックスコーヒー、薬局、マクドナルドぐらい。 そんな中、ポケモンショップはOPEN! 東京オリンピックブース。このまま撤去されないことを切に願います。 日本にあこがれ、日本での生活をとても楽しみにしていたジョナサンですが、コロナの影響で休日は外出もままならなかったようです。 渋谷や秋葉原、京都や北海道に行きたいと言っていたのに残念ですよね。 本来であれば帰国し学校を卒業したら再度ナラハラに呼び戻したいのですが、弊社も仕事の確保に苦戦しており近い将来が全く読めない状況です。 新型コロナウイルスが落ち着いたとしても、世の中は元には戻らない。 自分たちが変わっていくしか生き残る手段はないと、成田空港に行ってみて感じました。

メイン設備


投稿日:2021年5月12日


弊社のメイン設備の紹介です。 オークマMB-56VA 立型のマシニングセンターです。 細かい仕様やオプションにもよりますが、おおよそ1500~2000万円位します。 Y軸ストローク560mm。X軸ストローク1050mmで中型機の部類に入ります。 主軸は15000min-1でアルミの高速・高精度加工に特化した仕様になっています。 ツーリングは2面拘束の高剛性仕様ですので、鉄やステンレス等も十分加工可能です。 切削加工で求められるのは精度です。 機械は鉄の固まりでできていて温度変化により熱膨張します。 これが機械の姿勢を狂わせ製品の精度に影響するわけですが、 このマシニングセンターの特徴はサーモフレンドリーという機能が備わっていて、 温度変化による機械の姿勢変化のデータをすでに持っていて、温度変化に合わせて寸法補正 を自動でしてくれます。 10度以内の気温変化であれば精度にほとんど影響が出ません。 機械は0.001mm(1μm)単位で動いています。 弊社では毎日0.01mm単位の寸法コントロールをしています。 3台の同型機が設備されていて連日フル稼働しています。 テーブル上にはマシンバイスが設置されていて長尺物や大きいサイズのワークも加工が可能です。 こちらの機械にはNC円テーブルが設置されていて同時4軸加工も可能です。 主に丸物の側面加工や丸材からの多面加工時に活躍します。 32本の切削工具を取り付けることができます。 社内にはこの3台と、大型・小型のマシニングセンターを設備し、加工内容やサイズ・数量・精度等、 使い分けています。  

大型設備搬入


投稿日:2022年12月14日


1000x2000mmストロークのマシニングセンター、OKUMA MB-80Vが搬入されました。 これがまた、大変な作業で、2日間にわたっての搬入作業。 先ずは入口の高さが足りないのでシャッターの解体作業から。 工場内も数台の古い機械を処分し、スペースを確保します。 駐車場には鉄板を挽いて、準備完了です。 40tの大型クレーン。 先ずはこのクレーンに10tの重りを載せます。 プロの道具たち。 この整理整頓ぶりが仕事っぷり。テキパキと適格に作業を進めていきます。 24tある機械の吊り具です。 機械を積んだ30tトレーラーが到着。いやいやいや!コレ狭い路地に入れないでしょーー! そこはプロ。するするっと一発で入ります。すごい! 路地はパンパン! このトレーラー、リアの6厘も操舵するんです。誘導者がリモコンで操作していました。 幌が外されると機械の全容があらわに! 天気が良くてよかった。 自社の前で釣りあげられる大型機械。なかなかレアな絵です。 ここからは鉄板の上をフォークリフトで引っ張り、引きずっていきます。 入口手前で90度方向転換し、ここからは繊細な作業になります。 左右と上のクリアランスは2.30mm。 慎重に、慎重に! 移動完了! 3x6x3.3mの設備が無事搬入されました。 168cmの私も優に削り出せる!

ふるさと納税


投稿日:2019年11月21日


ふるさと納税の季節です。 1年間のうち12月が年間売り上げの80~90%を占めるそうです。 弊社の「NA」design商品も八王子市のふるさと納税の返礼品として採用していただいています。     ふるさと納税の返礼品というとお米やお肉、お菓子等の食材が人気で種類も豊富ですね。 でも、世の中、私たち庶民には想像できないようなお金持ちの方々もいて、納税額も高額。 ふるさと納税の寄付金額も!!という方々も存在するそうです。 あまりに多くの返礼品を食材でもらってしまうと消費しきれない方々もいるらしく、弊社の商品のような食材以外もまあまあ、需要があるようです。 冷蔵庫に入りきらない分のふるさと納税は、八王子市へ!

梱包


投稿日:2020年8月26日


ナラハラオートテクニカルはアルミのプレートの精密加工がとても得意で、加工内容にもよりますが おおよそ1000x1000mm程度までのプレート加工を行っています。 画像は600x900mm 取引先も全国津々浦々ですので、混載便発送を積極的に利用していますが、当然精密機器ですので キズや打痕は一切NGです。 弊社では厚紙Lアングル(呼び名はいろいろあるみたい)を4辺にあてがい発送しています。 これまで約20年間、この発送方法でのトラブルはありません。(運送業者様の丁寧な扱いがあってですが) 低コストで安全に製品をお客様の元へ!